タコ釣りの道具と仕掛けを紹介します。 道具は、手釣り と 釣竿を使った釣りに大別できます。 手釣りは船での流し釣りが主になりますが、釣竿を使った釣りは、船でも防波堤などの丘からでもどちらでもできます。  

ロッド(釣り竿)


基的には先調子のロッドになりますが、釣る場所などの条件で、重いタコテンヤを使う場合、比較的軽いタコエギなど使う
場合などで 変わってきます。 

重たいタコテンヤを使う場合には、サーフで使う堅めのロッドや沖釣り用の胴のしっかりした先調子のロッドを使ったりします。ルアー釣りのスタイルでタコエギなど使う場合は、餌木ロッドやジギングロッドなどを使います。いずれも 胴の強めのロッドが使いやすいです。

              自作ロッドをお考えの方は こちらを参考に・・・GO!  

リール


タコ釣り用のリールは、特にこれといって決まりがあるわけではないので、PEライン 2号〜5号前後を 100mも巻いてあれば十分です。 スピニングリールならば 中型から大型。 両軸リールならば 小型〜中型。

みなさん ご存じのとおり タコは大変力が強いです。 大型のタコが岩にへばりついたり 岩の割れ目に入ったりすると往生します。 トルクのあるリールをお勧めします。

手釣りの場合はリールは必要ありません。 少々ひぱっても切れない糸なら何でもいいのですが、カツオコードなどを使うと太くて扱いやすいです。

クーラー


タコ専用なら 小型中型クーラーが使い勝手が良いでしょう。10L〜30L クラスのものでよいと思われます。

港まで近距離であれば、少々 保冷力が弱くても何とかなりますが、 遠距離の場合は、保冷力の強い クーラーをお勧めします。

大きさ と 保冷力 持ち運びなどの利便性を考えて 自分釣りに あっているものを選びましょう。

* タコは 直接 氷にあてまいように ビニル袋などに入れてから


仕掛け


仕掛けはいたってシンプルです。
カニ 豚の脂身 アジ などをしばったタコテンヤや タコエギ などを リールから または カツオコードなど に連結するだけです。
                           参考仕掛け図は こちら 


道糸・仕掛けのヨリトリ


リールの仕様にあった 号数と メーター数を準備してください。 船からの指定がある場合は合わせましょう。
道糸の目安は PEライン 2号〜5号 で 100mもあれば ほぼ大丈夫です。 

糸巻き量は 「釣り場の水深の最深部 × 2倍」くらいを 目安とされることをお勧めします。
高切れ」して、 ラインが足りなくなっては 釣りはできません。


錘(オモリ)


下の画像のようなものですが、これ以外にも 沢山の種類があります。 また 自分で作られる方も結構います。

        


ナイフラジペンハサミ
ナイフは魚を〆るなどに使いますが、家庭用の包丁のような薄刃ではなく、 出刃包丁の様に 刃の厚いしっかりしたもの でないと 刃が折れるなどして 揺れる船上では 危険です。

ラジペンは針をはずしたり、金具の変形を治したりに使います。 錆び難いステンレスのものが長持ちします。 

ハサミは お祭りなどの時 糸を切ったり、毒魚の針を落としたり に使います。 指穴の大きな 植木バサミ やキッチンバサミ が重宝します。 また 仕掛けの管理だけなら事務用のハサミでも十分使えます。

いずれも 使用後はしっかり水洗いして、 油分をつけて手入れしましょう。


 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  タコ釣りのホームページ All rights reserved.