リール又は糸巻に、タコテンヤやタコジグなどセットします。 タコテンヤなどで、エサを付けるのものは カニ・タコ・豚の脂身など ゴムや針金などで縛り付けます。   仕掛け図をご覧ください





* タコテンヤにエサを付ける場合 *
エサには カニ・タコ・サンマ・豚の脂身・ウインナーなどなど様々なエサが使われます。地元でよく使われているエサを調達されることをお勧めします。タコテンヤにつける場合、特にこれと言って決まりはありません。
ただ タコに ちょっかい出されても 少々のことでは取れないように しっかりつけることが肝心です。
縛るモノも、タコ糸・針金・電気のコード・太い輪ゴムなど人によって まちまちで どれを使っても構いません。







* 船による手釣りの場合 *
エサ付けが終わったら、水深と 仕掛けが横になる分も含めて 更に2mくらい余分に(適当) 糸を出しておきます。あまり長く出しすぎても 手前まつり の原因になりますので適当に。 遊漁船なら、船長の投入合図を待って、テンヤを投げ入れます。手前船頭なら、船を立ててから テンヤを投げ入れます。





すべての釣り方に共通ですが、海底をズリズリ、時々止めたり、時々アクションを付けたり で釣れてきます。
( 特に「こうでなければ!」 という ことはなく 色々と試してみてください )
海底を 探っていくと違和感を感じることがあります。 これはタコがちょっかいを出しているので、ジワ〜 と重さを感じるまで 聞きながら 待ってみます。 重さを感じればタコがテンヤを抱いています。 適度に合わせて 有無を言わさず グイグイ 手繰りこみます(巻き上げ) ます。 手繰りこみのスピードが遅かったり 途中で止めたりすると バレてしまいますので注意してください。





問答無用で 一気に手繰りこんでしまいましょう。 竿の場合も同じく 問答無用で ダダダダダダッ といきましょう。船(丘)に あげるまで とにかく素早くが鉄則です。





タコは 〆てからクーラーに入れるか、スカリなどに入れてください。 そのままにしておくと 逃げて行ってしまいます。テンヤのエサは 多少なりとも 噛まれたりして 傷んできますが、少々ボロボロでも しっかりついてさえすれば大丈夫! 次の投入をしましょう 




タコも〆めたほうが味がよくなります。 〆方は 包丁や イカピック などで 目と目の間に 一撃します。ついでに 頭をひっくり返して その場で 内臓も出しておくと家で生ゴミが出なくすみます

                       イカ〆ピックの購入はこちら  


 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  タコ釣りのホームページ All rights reserved.